取引先とデータ交換できるか

建物や製品の設計をするときには設計図を作成しなければならず、完成した設計図は関係者に配られます。紙に手描きなどで作成された設計図ならコピーなどをして配布するのでしょうが、CADを使って作成すればデータを業者間で送信するだけで情報の共有が可能です。手描きに比べてメリットがあると安易にCADの導入を決めるときもあるでしょうが、導入したCADのデータが取引先できちんと取り込めるかどうかを検証しなければいけません。ワープロや表計算でもソフトが異なるとデータが読めなかったり部分的にしか反映されないときがあります。導入前に取引先で使っているCADの情報を得ておけば、どのCADソフトを使ったらよいかが分かり導入失敗を防げるでしょう。

セキュリティ対策がとれているか

製品を新しく作り出す会社において、製品の設計図は非常に重要な資産と言えるでしょう。設計図を紙で作成したのであれば、それを厳重に金庫に保管して外部流出を防ぐ必要がありました。ただ製品の設計に関してはIT化がどんどん進み、手描きで紙で作成するよりもCADで作成した設計図を電子的に保存するケースが多くなっているようです。これまで手描きをメインにしていてこれからCADを導入しようとするなら、セキュリティに関する対策がどうなっているかを確認しておくと良いでしょう。CADソフトもパスワードがかけられるタイプだと、万が一データが流出してもパスワードが分からなければ開けない仕組みなので安心です。その他データを保存するパソコンやサーバのセキュリティ対策も必要でしょう。

電気CADは、電気設計をサポートする機能に特化したCADのことです。なお、CADはコンピュータを用いて設計を行うツールの名称です。