白熱電球は工事不要で交換可能

白熱電球は古くからある照明器具で、フィラメント部分に電流が流れるときの熱エネルギーによって明るくなります。ただしフィラメント部分が切れるとそれ以降は使えなくなるので、あまり寿命が長いとは言えないでしょう。また熱を発するときに電気を多く使うので電気代が高くなりがちです。LED電球は白熱電球に比べると電気を使わず、しかも寿命が非常に長いので交換すると手間が減り電気代もお得になります。ではどうやって交換をするかですが、新しいLED電球を買ってきてそれを白熱電球と交換するだけです。これまで白熱電球同士を交換した経験があるなら誰でもできるでしょう。LED電球のソケット部分も白熱電球と同じように作られているので、アダプターなどなくてもそのまま取付けられます。

ペンダントの照明器具をLEDに交換

LEDは電気をあまり使わないので省エネにはぴったりの照明と言えるでしょう。しかしこれまで使われていた蛍光灯も消費電力だけを見るとLEDよりも少し多いぐらいなので、慌てて交換する必要はないかもしれません。各家庭には天井からぶら下げるタイプのペンダントライトがあり、丸型の蛍光灯を交換して使うタイプがあります。最近は丸型蛍光灯の形をしたLEDがあるので、そちらに取り換えればLEDが使えます。それ以外にはペンダントライトそのものを交換する方法がありその方が簡単です。照明器具の中にLEDが埋め込まれていて、蛍光灯のように交換はできません。ただ寿命が10年近くあるので、蛍光灯を交換しながら使うのに比べて総コストが高くならないようになっています。

LEDライトパネルのLEDとは発光ダイオードのことであり照明や電球など様々な分野で利用されています。これを用いてポスターフレームに電材を仕込むものを使う広告などがあります。