トイレ詰まりの原因は何?

自宅のトイレが詰まってしまい、使用出来なくなったら非常に困りますよね。しかしトイレは臭いを予防するために、排水管が曲がった構造になっているため、実は詰まりやすいのです。ではトイレ詰まりが起こる原因は何なのでしょうか。意外に思うかもしれませんが、トイレ詰まりの1番の原因は、トイレットペーパーです。トイレットペーパーは、水に溶けるように作られていますが、大量のトイレットペーパーを1度に流してしまうと、水に溶けるのに時間がかかるため詰まってしまう恐れがあります。トイレットペーペー以外にも、トイレに流せるトイレクイックル、ティッシュ、おしり拭きなどをトイレに流すと詰まる原因となってしまうので注意が必要です。

トイレが詰まった時の対処法は?

トイレが詰まった時に、試して欲しい対処法が2つあります。まずトイレットペーパーやトイレクイックルなど水に溶けるモノが詰まってしまった場合は、トイレにお湯を流す事で詰まりが治る可能性があります。なぜかというと、水よりもお湯の方が溶けやすいからです。ただし便器は高温に弱いため、沸騰したお湯を使わずに40度前後のぬるま湯を使うようにして下さい。

あと水に溶けないモノが詰まった場合は、スッポンで20回ぐらい押して引っ張る動作を繰り返してみましょう。それでも詰まりが治らない場合は、自力で治すのは難しいと判断して速やかに業者に修理を依頼するようにして下さい。自宅のトイレが詰まって使えなくなってしまう状況は、日常生活に支障が出てしまうので、すぐに修理に来てくれる業者を調べてスマホに登録しておくといざという時に安心です。

トイレのつまりを直す場合、慌てて作業をすると、反ってつまりをひどくしてしまう場合があるので、時間をかけてゆっくりと行うことが大切です。